FX(証拠金取引)とレバレッジ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FX「外国為替証拠金取引」とは「証拠金」を外国為替(FX)業者に預託し、
FX専用口座に預け入れた「証拠金」を元手に取引をすることをいいます。
海外では「Forex」、Foreign eXchange=外国為替の略」からきています。
外国為替(FX)を取り扱う業者は証券会社・商品先物会社・FX取引専業業者など多数あります。
外貨預金の場合は、手元に10万円ある場合は10万円分の取引しかできません。
(例)為替レートが1ドル=100円なら、10万円で預金できるのは 1,000ドルまでです。
ところがFXでは、預け入れた証拠金の元手の数倍~数百倍もの金額の取引ができるようになります。
この仕組みをレバレッジといい、レバレッジを使って「少額でも大きな取引ができる」ことが、
FXの最大の特徴です。
レバレッジとは「テコの働き」という意味で、小さなもので大きなものを持ち上げるという
感覚で使われている言葉です。
レバレッジは「○倍」と表現され、
たとえばレバレッジ10 倍では1ドル100円の場合、
証拠金100ドル(1万円)で100ドル(10万円)分の取引を行うことができるのです。
手元に10万円あれば1,000ドルの取引だけではなく、1 万ドルでも取引が可能です。
ただし、注意が必要なのは、利益が出た場合はいいのですが、
高すぎるレバレッジはリスクが高く
大きい金額が得られるということは、損失が出た場合には
失うお金も大きな金額になるということです。
始めは2,3倍まで、慣れてきても5倍までのレバレッジに抑えることが大事です。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る