FXで損失を防ぐための、マージンコールとロスカット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

取引を続けて行き、取引額を増やした場合、つまりレバレッジを上げると、
利益が大きくなり、スワップ金利・為替の差益を多く受け取ることができます。
うれしい反面、注意が必要です。
なぜかというと、その分逆に損失(為替差損)も大きくなるリスクも伴います。
このような事態になったら大変です。
FX会社はマージンコールやロスカットという仕組みを用意しています。
このような仕組みを利用して、利用者の損失が拡大しすぎないようにしています。
FXの場合、「保証金」元手が必要です。
レバレッジにより、元手以上の大きな取引をするための最低金額があります。
これはFX取扱会社ごとに決められています。
マージンコールとは、追加保証金のことをいいます。
口座に預けてある証拠金から、含み損を引いた金額が、残念ながら一定の割合以下になった場合、
FX会社から「損失に耐えられるよう、もう少し証拠金を追加したり、ポジションの一部を
決済してほしい旨の」注意喚起があります。
FX 業者によって一定割合の基準は異なりますが、証拠金の50%というところが多いようです。
ロスカットとは利用者の損失が、証拠金維持率である数値より下回った場合に、
保証金がゼロになる一歩手前で、保有ポジションの決済が行われるという、強制的にFX会社により
行われる措置のことをいいます。
つまり、これがあることにより、リスクが未然に防げるような仕組みになっているのです。
保証金がゼロになってしまうという、リスクを回避するものです。
高いレバレッジを掛け過ぎている人の多くは、ロスカットされてしまうが傾向があります。
ロスカットに遭う確率も低いのは、およそ5倍くらいまでのレバレッジいわれています。
くれぐれも、レバレッジの設定には注意をしましょう。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る