FXの取引にはコストが掛かります(売買手数料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

金融商品等の取引には「コストがかかる」ということを考える必要があります。
FXでは2つのコストがあります。(売買手数料とスプレッド)
売買手数料について説明しますと
売買手数料は、取引をするたびにかかる手数料です。
FX手数料の体系が会社によって異なりますので、FX会社を選ぶ際は
取引方法に適した会社を選ぶ必要があります。
手数料の表示方法はFX会社によって違います。
手数料が無料の会社もあります。しかし「手数料無料」としている会社でも、
利用者へ負担(スプレッドを広く設定する)をさせているFX会社もあります。
また、手数料を取る会社はどうかというと、デメリットばかりではありません。
利用者へのサービス・サポート体制の充実であったり、信託保全をしっかりと
行っているFX会社もあります。
つまり手数料が発生するか、しだいかだけでFX会社を選択しないように
心がけるべきです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る