FXの取引開始と証拠金はいくら必要か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FXの取引を開始する前に、自分の資金計画を考えましょう。
FXではレバレッジで触れたように、元手の数倍の為替取引ができるので、
冷静に取引金額を決めることが大切です。
資産形成をじっくりするのか、余裕があるので短期利益をあげてゆくのか、
資金計画に基づいた運用金額で運用方法を考えることが大切なのは言うま
でもありません。
FXでは1万通貨単位で取引をすることが基本です。
手数料やスワップなども、1万通貨単位ですので、この単位の取引を
基本として考えると良いでしょう。
米ドル1万通貨取引する場合、日本円でおよそ100万円が必要となります。
証拠金として1万円を用意するのであれば、100倍のレバレッジをかける
必要となり、20万円の証拠金の場合、5倍のレバレッジをかけることに
なります。
先ず、長期でじっくりという場合、FXをレバレッジ1倍で取引する場合、
例えば1ドル100円の場合、証拠金20万円で2,000ドルの取引が、
レバレッジ1倍相当です。
レバレッジを生かしてスワップ金利をもらいたいという場合でも
初めてのうちは、できれば2、3倍で運用することが望ましいでしょう。
少額過ぎる証拠金で、高いレバレッジをかけて運用するのは、
リスクが高くなるということを忘れないでおきましょう。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る