FXの取引の開始方法と資料請求

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FXは主に、証券会社やFX専業会社などで取り扱っています。
FXの取引は、主にインターネットを利用しパソコンを使って、オンラインで取引をすると
いうイメージがありますが、取引方法はそれだけではありません。
他にも、固定電話、携帯電話での取引も可能です。
例えば、チャートなどの確認はパソコンで行い、電話で注文をするという方法もあります。
又、携帯電話でレートの確認・発注、電話での取引行うなという場合もあります。
取引ツールが自分にとって最も利用しやすいと思われるものを提供している、FX会社を
選ぶのが良いと思われます。
また、取引は複数の会社との取引により、リスク回避に努めるように、1社だけに限って
取引をする必要はありません。
FXは証券会社や商品先物会社が最初に取り扱いを始めました。
その後、FX専業会社・ネット関連企業・ネット銀行などが参入して、数が増えています。
FX会社に自分のFX口座を開き、証拠金を預け入れることことになりますが、
まずはインターネット上での申込を利用して資料請求をすることから始めましょう。
複数のFX会社のパンフレット、郵送で送ってもらいましょう。
届いた郵送資料をじっくり読み、取引を開始するにあたっての注意事項などや、
利用者にとって不利益となる情報などを確認します。
FX会社の側からの電話による勧誘は法律で禁じられています。
よって、もし資料請求をした後にく勧誘等の電話があった場合には、そのFX会社は
信用できないという判断基準にもなります。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る