FXの取引にはコストが掛かります(スプレッド)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

金融商品等の取引には「コストがかかる」ということを認識する必要があります。
FXでは2つのコストがあります。(売買手数料とスプレッド)
前回で売買手数料について記述しましたので
今回はスプレッドについて説明します。
スプレッドは「1ドル100円10銭~15銭」などと表示されます。
これは「売値が100円10銭で、買値が100円15銭」という表示です。
この表示は「スプレッドは5銭」ということになります。
では、改めて、買値と売値の差について考えて見ましょう。
FX取扱会社は、外貨をインターバンク市場から調達して販売をしています。
このために「買い値」、「売り値」があります。
FXでスプレッドは、買い値(アスク)と売り値(ビッド)の差のことを指します。
FX取扱会社や通貨ペアによってFXのスプレッドは異なります。
通常は、マイナーな通貨ペアほどスプレッドは大きく、
メジャーな通貨ペアほどスプレッドは小さいと言えます。
リスクが高く、為替変動が大きい通貨ペアはスプレッドが大きいという特徴があります。
スプレッドに加えて、前回で記述した、売買手数料がかかる場合もあります。
FX取引を行う場合には、スプレッド・売買手数料の両方を判断して、
どれ位のコストが合計してかかるのか?を考慮することが必要です。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る